フェイキックIOL(ICL)まるわかりについて

当サイトでは、フェイキックIOL((ICLとも言います))について、様々な角度から検証した情報を元に解説をしています。レーシックと並び、次世代の視力矯正法として注目されているフェイキックIOLですが、レーシックとの違いやメリット、デメリットについては、あまりよく知られてません。

当サイトではあくまでも中立的な視点から、フェイキックIOLについて解説をしています。フェイキックIOLによる視力の矯正をお考えの方は、当サイトを有効活用して下さい。

フェイキックIOLとは?


フェイキックIOLとは、人口レンズを眼内に入れることで視力の矯正をする施術のことです。別名で眼内コンタクトレンズ(ICL)とも呼ばれています。

よく比較されるレーシックとの違いは、レーシックは眼球の表面を覆っている角膜をレーザーで削り、光の屈折率を変えることで視力の回復を図りますが、フェイキックIOLの場合は、角膜と虹彩の間、もしくは水晶体と虹彩の間に人口レンズを挿入することで視力の回復を図ります。

レーシックと違い角膜を切開することがないので、ドライアイやハロ・グレア現象などのレーシック特有の合併症がないの特徴です。

フェイキックIOLの費用


フェイキックIOLの費用は施術を受ける医院によっても異なりますが、安い医院で40万円前後、高い医院だと80万円前後の費用が必要になります。よく比較されるレーシックと比べても、施術費用は高額になります。

フェイキックIOLの施術は、一般眼科や大学病院、大手レーシック医院で受けることができますが、費用を安く抑えたいなら大手レーシック医院がおすすめです。

一般眼科や大学病院でフェイキックIOLの施術を受けた場合、60万円〜80万円が相場になりますが、大手レーシック医院なら40万円〜60万円程度で施術が受けることができます。

ここまで大きな料金差が見られる理由は、単純に顧客の獲得力にあります。大手レーシック医院は、その知名度から安定した顧客数を確保することができるので、その分、施術費用も安く抑えることができるのです。

フェイキックIOLの安全性と失敗例


フェイキックIOLは非常に安全性の高い視力矯正手術です。フェイキックIOLの施術で利用するレンズは、厚生労働省からも認可されています。ただ、これまでに失敗例がゼロというわけではありません。

レンズを装着したことよるアレルギー反応や、レンズへのタンパク質や脂肪組織の癒着が原因による感染症など、数としては非常に少ないのですが、何件か失敗例が報告されています。

ただ、フェイキックIOLの場合は、何か問題があった場合はレンズを取り外すことができるので、目を元の状態に戻すことが可能です。この点が削った角膜を元に戻すことができないレーシックとの大きな違いでもあります。

PS.レーシックの気になるあれこれについては以下のサイトをご覧ください。

レーシックまるわかり