フェイキックIOL(ICL)の人口レンズには違和感がない?

フェイキックIOL(ICLとも言います)の手術は、自分の眼内に人口レンズを挿入するという手術になります。「眼の中にそんな異物を挿入するなんて、手術後には違和感を感じるのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし、フェイキックIOLの手術はコンタクトレンズと違い、「眼球内」にレンズを設置するために違和感がありません。

現在、フェイキックIOLには「前房型」と「後房型」、レンズを挿入する箇所の違いによって2種類の手術が存在しますが、どちらの手術も挿入後に違和感を感じないのは同様です。フェイキックIOLの手術で視力を矯正し、裸眼での快適な生活をおくりましょう。

コンタクトレンズが苦手な人でも安心


コンタクトレンズを初めてつけたときに、我慢できないほどの違和感を感じた人もいるでしょう。特にソフトコンタクトレンズよりも違和感が強いと言われているハードコンタクトレンズの場合は、その違和感に我慢できず、装着をあきらめてしまったという人もいるのではないでしょうか。

しかし、こういった違和感は眼球の外側に異物をつけることで発生するものですので、眼球内にレンズを挿入するフェイキックIOL手術は、「手術後の違和感に耐えれず、再手術をしてレンズを外すはめになる」というような心配はありません。今までコンタクトレンズが苦手だったという人も、安心して手術を受けることができます。

フェイキックIOLのレンズはコンタクトレンズよりも高性能?


フェイキックIOLの手術に使用するレンズはオーダーメイドに近く、長期使用を基本にしているため、素材もコンタクトレンズ以上に良いものを使い、とても高性能になっているのです。市販のコンタクトレンズより各患者の眼球に適したものになります。コンタクトレンズのように外部から直接レンズにほこりなどの異物がついたり、レンズがずれてしまったり外れることがないのも魅力的です。

前房型のレンズと後房型レンズ


現在フェイキックIOLには2種類の手術方法があり、レンズの設置場所と、眼球内に設置するレンズの種類もそれぞれ違います。まずレンズの挿入箇所ですが、前房型は虹彩と角膜の間に、後房型は虹彩と水晶体の間にレンズを設置します。

こちらも、コンタクトレンズのように外部からほこりや砂などの付着物がつくこともありません。そして使用するレンズは、前房型にはArtisan(アルチザン)とArtiflex(アルチフレックス)という2種類のレンズが使用されます。

後房型には1種類のレンズが使用されています。各レンズは年々改良され、より使用感、安全性、性能の高いものになってきています。どちらのレンズも、挿入後に違和感を感じることはありません。