フェイキックIOL(ICL)に保険は適用できる?

フェイキックIOL(ICLとも言います)の手術は「前房型」「後房型」2つの種類が存在しますが、ともに自由診療の手術になります。自由診療とは、診療にかかる費用を公的保険に頼らず、自分で100%すべて払う保険外診療のことです。社会保険や国民健康保険などを適用することはできません。

しかし、ご自身が任意で加入をしている医療保険や生命保険がある場合には、フェイキックIOLの手術でも手術給付金の対象になっている場合があります。対象になっている場合は給付金が戻ってくるので、保険会社に確認をしてみるといいでしょう。

フェイキックIOLは公的保険の対象外


フェイキックIOLは前房型、後房型共に、現在日本では公的保険の対象になっていない、自由診療のみで行う眼科の手術です。自由診療のため、診療・治療・手術にかかる費用、その他経費をすべて自分自身で支払うことになります。

公的保険が適応されないため、手術費用はやや高くなりますが、ご自身が任意で加入をしている医療保険や生命保険がある場合には、フェイキックIOLが手術給付金支払いの対象になるものもあるようです。

医療保険や生命保険の給付金支払いの対象になることも


フェイキックIOL手術費用が医療保険や生命保険の給付金支払いの対象になっている場合は、保険会社により設定された給付金が後日戻ってきます。手術を検討している人は、まずは自分が加入している保険会社に詳細を確認してみましょう。保険会社により、給付金の額や保険に加入してからの給付金の支払い対象になるまでの期間も異なります。

また、保険会社より給付金の支払いを受ける場合、手術を受けたクリニックで作成した執刀医師の「診断書」の提出が必要な場合もあります。診断書の作成には費用が別途発生しますので、こちらも事前にクリニックに費用や作成期間などを確認をしておくとよいでしょう。

フェイキックIOLは確定申告で医療費控除を受けることが可能


フェイキックIOLの手術にかかる費用は社会保険や国民健康保険などの公的保険の対象にはなりませんが、確定申告の際に医療費控除を受け、一部の費用を戻すことができる可能性もあります。

フェイキックIOLの手術が医療費控除の対象になるかどうかは、管轄の税務署の判断により変わってきますので、事前に確認しておくと良いでしょう。その他の医療費の領収書と共に、フェイキックIOLの手術費用の領収書は確定申告のときまできちんと保管してください。

ご自分で申告をしない場合でも、一家族でまとめて申告が可能なため、家族の医療費とまとめて申告をすることもできます。フェイキックIOLは高額な手術のため、このような制度を賢く利用しましょう!