フェイキックIOL(ICL)は格闘技をする人向けじゃない?

フェイキックIOL(ICLとも言います)は、ボクシングや格闘技など激しいスポーツをする人には向いていません。フェイキックIOLは眼内に人工レンズを挿入するため、顔面や目の周辺に強い衝撃を受けると、挿入したレンズがずれてしまう場合があるからです。ボクシングや格闘技など激しいスポーツをする人は、エピレーシックやRASEKなどの術式を選ぶとよいでしょう。

ファエイキックIOLの手術後のスポーツについて


ボクシングや格闘技などの激しいスポーツをする人はフェイキックIOLの手術には向いていませんが、すべてのスポーツをする人がフェイキックIOLに向いていないというわけではありません。顔面や目の周りに大きな衝撃が加わらないスポーツであれば、フェイキックIOLの手術後でも楽しむことが可能です。

ただし、スポーツを始めるのは手術から一定期間が経過して目のコンディションが安定してからにしましょう。ゴルフやジョギングなど、大きな衝撃が加わる心配のないスポーツであれば手術から約一週間後、野球やサッカー、水泳などは手術の約一ヵ月後からスタートすることができます。

ただし、この期間は個人の目のコンディションや術後の経過によっても異なりますので、自己判断でスポーツを始めずにクリニックの指示に従うようにしましょう。

なぜフェイキックIOLはボクシングや格闘技をする人に向かない?


フェイキックIOLは、目の中に人工レンズを挿入するという術式になります。このレンズは非常に性能が良く、フェイキックIOLの技術も向上しているため、多少の衝撃ではレンズがずれることがないと言われています。

例えば、水泳の際に水の中に飛び込んでも、レンズには問題がないでしょう。(ただし、手術から一定期間が経過してから。)しかし、ボクシングや格闘技で目に怪我をしてしまうほどの衝撃が加わった場合は、さすがにレンズがずれる危険性があるのです。

ちなみに、通常のレーシック手術もボクシングや格闘技選手にはあまり適していません。レーシック手術では角膜を削ってフラップを形成しますが、あまりにも強い衝撃が加わってしまうと、このフラップがずれてしまう可能性があるからです。

ボクシングや格闘技をする人にはエピレーシックやRASEKがオススメ!


ボクシングや格闘技をする人が視力を改善したい場合は、エピレーシックやRASEKがオススメです。エピレーシックは通常のレーシックと同様にフラップを形成しますが、時間の経過と共にフラップがはがれ落ちて角膜上皮が自然と再生するので、衝撃が加わってもフラプがずれる心配がないのです。RASEKもエピレーシックと同様に、手術後は角膜が再生するので強度が高くなります。