フェイキックIOL(ICL)は医療費控除の対象になる?

フェイキックIOL(ICLとも言います)の手術費用は、最寄りの管轄税務署の判断にもよりますが、通常の医療費と共に医療費控除として扱われることがほとんどです。一年分のその他の医療費と一緒に確定申告時に申告すると、一部税額の控除ができる制度です。フェイキックIOLの手術はレーシック手術以上にまとまった金額がかかるものですので、こういった制度をうまく活用してコスト負担を少しでも軽減できると良いですね。

医療控除とはどんな制度?


医療控除とは一年間に一定金額以上の医療費を払った際に、税額の控除を受けることのできる制度です。1月1日〜12月31日の間に医療機関に支払った医療費を確定申告時に申告すると、所得税の一部は還付金として戻り、翌年の住民税は安くなります。

医療機関に支払った治療費だけではなく、医療行為を受ける際に必要になった交通費が申請できる場合もあります(管轄の税務署の見解によります)。遠方からクリニックに通院した場合は、このシステムもとてもありがたいものですね。

もしあなた自身が家族の扶養に入っている場合は、もしくは扶養する家族がいる場合は、そういった家族の医療費と加算して申告することも可能になってきます。

サラリーマン、給与所得者が医療費控除を受けるにはどうすればよい?


通常の税金や保険料などを給与から自動的に差し引かれているサラリーマン、給与所得者の場合は、どのように医療費控除を受ければよいのでしょうか?所得税や住民税、その他を給与から差し引かれている給与所得者の場合は、確定申告の申告期間内(2月16日〜3月15日)に最寄りの税務署で確定申告をして、医療費控除を申告する必要があります。

尚、年末調整にて還付を受けることはできません。源泉徴収票、医療費のすべての領収書、その他必要になる書類を用意し、最寄りの税務署にて確定申告の手続きをしましょう。申告書類の書き方がよくわからない場合は、税務署の職員にアドバイスを受けることも可能です。

確定申告には領収書が必要


申告の際にはかかった医療費の領収書が必要になります。医療機関によっては領収書の再発行が出来なかったり、別途料金が発生する場合もありますので、確定申告時まで厳重に保管をしておきましょう。現金ではなくクレジットカードで支払いをした場合でも、問題なく医療費控除を受けることができます。その他、不明点は最寄りの税務署に確認をしましょう。