フェイキックIOL(ICL)のメリットとデメリットとは?

フェイキックIOL(ICLとも言います)は通常のレーシック手術と比較すると、いくつかのメリット・デメリットが存在します。その違いを十分に理解したうえで、フェイキックIOLの手術を検討すると良いでしょう。フェイキックIOLのメリットは、角膜を削らないために、乱視や強度近視の方でも手術を受けられるということが一つです。

また、角膜を削らないために、ドライアイになりにくかったり、ハロ・グレアになる心配がないなどのメリットもあります。トラブルがあった際にはレンズを外すことで対処できることも、フェイキックIOLの大きな魅力です。

そりに対して、フェイキックIOLは通常のレーシック手術よりも費用が比較的高いこと、手術後の回復に時間がかかることや、感染症になるリスクが高いなどのデメリットがあります。

フェイキックIOLのメリットとは?


フェイキックIOLはレーシック手術のように角膜を削らないため、強度の乱視、強度近視、最強度近視の方でも受けることができる手術です。角膜の厚みが足りないなどの理由で今までレーシック手術を受けることができなかった人も、フェイキックIOLなら視力を改善して裸眼での生活が可能になります。

オーダーメイドに近い形でレンズを作るため、一人一人の眼球へのフィット感もとても良いです。また、今までのレーシック手術と違い、角膜を削らずに眼球内にレンズを入れるため、ドライアイになりにくいことも挙げられます。

また、夜光がまぶしく見えたり、ぼやけて見えてしまう現象の「ハロ・グレア」になる心配がないとも言われています。そして、万が一トラブルが起きた際は、眼球内に入れたレンズを取り外すことにより対処することが可能です。

フェイキックIOLのデメリットとは?


フェイキックIOLにはいくつかのデメリットがあります。まず、手術の費用が高いことです。通常のレーシック手術が10万円前後から手術を受けることができるのに対し、フェイキックIOLは50万円前後の費用がかかってきます。

また、レンズをオーダーメイドに近い形で作るため、手術を受けるまでに時間がかかります。また、手術の種類によっては片眼ずつの手術になるため、手術が完了するまでの時間もかかってきます。そして、レーシック手術よりも感染症にかかる心配が高く、術前、術中、術後のケアがとても重要なものになってきます。

もちろん、医師や専門スタッフからの事前のカウンセリング、アフターチェック、ケアがあるので通常であれば心配なく受けることのできる手術です。ご自身が納得いくまでカウンセリングを受け、手術に挑みましょう。