フェイキックIOLは一般の眼科でも受けられる?

フェイキックIOL(ICLとも言います)の手術は一般の眼科でも受けることが可能です。ただし、大手レーシック医院の方が症例数も多く、技術はとても高いと言えます。また症例数が多いため、費用も一般眼科と比べると大手レーシック医院の方が安くなってくることがほとんどです。そのあたりの違いをしっかり理解したうえで、手術を受けるクリニックを検討すると良いでしょう。

一般眼科と大手クリニックとはどう違うの?


フェイキックIOLは公的保険が使える診療ではなく、保険適用外の自由診療の手術です。ですから、手術にかかる費用は「全額」手術を受ける患者側で負担をします。その点は一般眼科、大手レーシック医院ともに同じです。

一般眼科は保険治療を受ける患者、その他の矯正手術を受ける患者と両方を診療することになり、医師は多岐にわたる処置を行います。大手レーシック医院は、医師がレーシック手術を専門に処置をするため症例数が絶対的に違い、そのため技術もとても高くなってくることがほとんどです。

大手クリニックはスタッフの知識も豊富


一般眼科では看護士、その他のスタッフが一般外来の患者の対応もあるため、手術以外のケアに差が出てくる可能性もあります。大手レーシック医院の事前カウンセリングやアフターケアは、専門的に研修を受けているスタッフが担当してくれるため、安心して受けられるのが魅力的です。

一般眼科と大手レーシック医院との料金の差はどのくらい?


フェイキックIOLは今までのレーシック手術より、手術方法によっては時間も長くかかる手術方法です。レンズがほぼオーダーメイドのような形になることもありますし、前房型、後房型によっては片眼ずつの手術となってきます。

そのため、通常のレーシック手術が10万円前後から受けられるのに対し、フェイキックIOLは大手レーシック医院で50万円前後(両眼)と料金的に大きな差があります。症例数の多い大手クリニックで50万円前後、その他の一般眼科の場合、70万円近くかかることもあるようです。

また、大手レーシック医院の場合は、料金に事前のカウンセリング、定期的なアフターケアも含まれることがほとんどです。それに対して一般眼科の場合、フェイキックIOLの手術は片眼で30万円から50万円前後(両眼だと2倍)になるようです。

また、事前のカウンセリングや定期的なアフターケアは手術料金には含まれず、別途かかる場合がほとんどです。フェイキックIOLの場合、アフターケアは特に重要です。コスト面ももちろんですが、ご自身が安心して手術を受けられるクリニックをよく調べてから決定するようにしましょう。