フェイキックIOL(ICL)に痛みはあるのか?

フェイキックIOL(ICLとも言います)の手術中と手術後の痛みとは、いったいどのようなものなのでしょうか?フェイキックIOLの手術中は麻酔をかけているので、多少の違和感を感じることはありますが、強い痛みを感じることはありません。また、手術後には多少の痛みや違和感を感じることがありますが、これは一過性のものであり、時間の経過と共に解消されるものなので心配は要りません。

フェイキックIOLの手術に伴う痛みはあるの?


フェイキックIOLの手術に関わらず、レーシック手術は眼球に麻酔を使い手術を行います。麻酔が効いている間は多少の違和感があることがありますが、ほとんど痛みは感じません。

ただし全身麻酔ではなく局部麻酔なので、手術中も意識はあります。医師が手術中に眼球を触るため、触られている感じがしたり、ゴロゴロした感じがすることはあるようです。万が一痛みや我慢できない違和感を感じた場合は、直ちに執刀医師に伝えましょう。

フェイキックIOLの手術後の痛みはあるの?


フェイキックIOLの手術に限らず、レーシック手術の術後は多少の痛みを伴うことがあります。麻酔が切れた後は、眼球に痛みやゴロゴロした違和感があるようです。痛みや違和感を最小限にとどめるために、手術後はクリニックから内服薬や点眼薬が処方されます。

医師、薬剤師の指示に従い、これらの薬は量とタイミングを守って必ず服用しましょう。また、事前のカウンセリングやアフターケアの際に、術後の過ごし方のアドバイスを受けます。この指示に従い過ごすことにより、手術後の痛みや違和感を軽減できますので必ず従うようにしましょう。これらの痛みは、個人差はありますが手術から数日後には解消されることがほとんどです。

手術後の痛みの感じ方は人によって異なる


フェイキックIOLの手術後は個々の患者の眼球やその他のコンディションにもよりますが、痛みを全く感じないという人から、術後すぐに痛くなる人、術後少ししてから痛くなる人など様々な人がいるようです。

これはどのレーシック手術に関しても同じのようです。どのケースにおいても、クリニックのアフターチェック、アフターケアをきちんと受け、医師、看護士、カウンセラーなどの指示に従うことにより、痛みや違和感を最小限にとどめることが可能です。

くれぐれもアフターケアは慎重に


痛みを感じた場合は自身で判断せず、クリニックに対処法を確認をしながら生活しましょう。眼球はとてもデリケートな器官ですから、今後の快適な生活のためにも、くれぐれもアフターケアは慎重に!