フェイキックIOL(ICL)とは?

フェイキックIOL(ICLとも言います) とは、ハードレンズによく似たレンズ、もしくはシリコン製のレンズを眼内に入れる施術のことです。角膜を切開・切除するレーシック手術とは違い、角膜の強度を失うこともありません。

今まで既存のレーシック手術を受けることのできなかった方でも受けられる、比較的新しい手術方法です。また、術後に問題があっても、レンズを交換することもできます。老眼になった後、他の手術と組み合わせることで視力を再度調整することも可能な便利な手術です。

自身の目にあったレンズを眼内に設置


フェイキックIOLとは角膜と虹彩の間、もしくは水晶体と虹彩の間にレンズを入れる手術です。前房型と後房型の二種類があり、入れるレンズが違います。両者のレンズには向き不向きがあるので、医師の診断を受け、ご自身の目にあったレンズを眼内に設置します。

目の中にレンズを入れるため、レーシック手術を受けるために必要な角膜の厚さがない人や、極度の近視、乱視、遠視の方でも受けられる手術方法です。シリコン製のレンズを眼球の中に設置するため、手術後はコンタクトレンズのようにずれたり、違和感を感じることなく過ごすことができます。

また、水晶体を残して眼内にレンズを入れる施術であるため、「有水晶体眼内レンズ」と呼ばれることもあります。

レーシック手術と比較したメリット・デメリットは?


通常のレーシック手術では、角膜を切開し、フラップを作ることで視力を矯正しますが、フェイキックIOLは、角膜と虹彩の間、もしくは水晶体と虹彩の間にレンズを入れる手術です。レーシックにはないフェイキックIOLならではのメリットもあります。まずは、レーシック手術よりも不正乱視の発生率を減らすことができます。

そして患者の眼にあったレンズを製作するため、違和感を最小限に押さえることができます。しかし、既存のレーシック手術と比べると料金が高くなるケースが多く、50万円以上かかるクリニックもあります。手術後、眼帯の装着が必要になったり、片眼ずつ手術をすることもあるため、レーシック手術と比べて手術が終るまでの時間も長くかかります。

フェイキックIOLはどんな人に向いているの?


極度の近視、乱視、遠視の方や角膜が薄く従来のレーシック手術が向かない方などに向いています。-10D以上の最強度近視の方でも受けることができる手術です。レンズを挿入するため、角膜の強度も保つことが可能です。また、角膜を削らないため、手術後は視界がとてもクリアに物を見ることが可能になります。