フェイキックIOL(ICL)で乱視や遠視の矯正はできるのか?

フェイキックIOL(ICLとも言います)は、専用のレンズを眼内に挿入することで、近視だけではなく遠視や乱視も矯正することが可能です。また、強度の乱視や強度の遠視の矯正もできます。

通常のレーシック手術では、強度の乱視や遠視の人は角膜を削る量が多くなってしまう可能性があるため、手術を受けられないこともありました。しかし、角膜を削る必要のないフェイキックIOLでは、強度乱視や遠視の人でも視力の矯正ができるのです。

乱視とはどんな症状?


「乱視」は日常よく聞く言葉ですが、実際にはどういう症状を指すのでしょうか?乱視とは目の屈折異常のひとつで、角膜や水晶体が変形しているために、光の屈折が正常でないため発生します。乱視にも程度の差があり、日常生活に何も問題のない弱い乱視もあれば、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正なしでは日常生活に支障が出てしまうほどの強度の乱視も存在します。

遠視とはどういう症状?


遠視も乱視と同様に目の屈折異常のひとつで、遠くから眼内に光が入った際にうまく調節が出来ず、網膜の後ろに焦点を集めてしまうために見え方がおかしくなってしまう症状です。また、眼内の筋肉を偏った使い方をするため、目の疲れも多くなります。日常生活には眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が必要になってきます。

フェイキックIOLによる強度乱視・強度遠視の矯正


フェイキックIOLなら一般的な近視や遠視や乱視も矯正することが可能ですし、通常のレーシック手術では矯正が不可能だった強度の乱視、強度の遠視の人でも手術を受けられるという大きな魅力があります。

通常のレーシック手術の場合は、強度乱視・遠視の人はどうしても削る角膜量が多くなってしまうため、手術が受けられないことがほとんどでした。しかし、フェイキックIOLの場合は角膜を削ることなく、眼球内にレンズを入れる手術です。そのため、強度乱視、強度遠視の方にも、角膜が薄い方にも向いているのです。

強度乱視、強度遠視の人は事前にしっかり確認を!


フェイキックIOLは手術を受けた後の視力の安定性もとても高く、術後の見え方も優れています。今までフェイキックIOLを受けた方々の満足度は90パーセント以上とのデータもあります。

しかし、強度乱視、強度遠視の人は、通常の人よりもしっかりと知識を身に付け、納得してから手術を受けた方が良いでしょう。医師による手術前のカウンセリングをきちんと受けてから、手術に臨んでくださいね。