フェイキックIOL(ICL)は再手術になることもある?

フェイキックIOL(ICLとも言います)はレーシック手術と同様に、現在は世界中でその安全性と効果の高さが評価されている術式です。しかし、稀にではありますが、フェイキックIOLによって過矯正になってしまったり、視力がうまく回復しない場合もあります。

その場合には、再手術を検討することがあります。ただし、フェイキックIOLの術後に再手術に発展する可能性は、通常のレーシック手術よりも低いと言われています。そして、フェイキックIOLの再手術の方が目への負担が少ないという利点があります。手術を受ける前には、万が一に供えて再手術のこともしっかりと理解しておくとよいでしょう。

フェイキックIOLで再手術が必要になる場合とは?


フェイキックIOLで再手術が必要になる理由は、手術による過矯正、もしくは術後に思うように視力が回復しないなどです。手術後に思いがけず近視等が進行してしまって、視力が下がってしまうことも稀にあります。その場合は、フェイキックIOLの再手術ではなく、通常のレーシック手術で追加の視力矯正をすすめるクリニックもあるようです。

また、これもごく稀にではありますが、手術後にレンズの位置がずれてしまったり、レンズに色素や細胞が付着してしまって、レンズを交換する必要が出てくることもあります。

しかし、基本的にはフェイキックIOLに使用するレンズは長年安心して使用できる優れた製品であるため、そのような心配は少ないと考えてよいでしょう。実際に、通常のレーシック手術と比較すると、フェイキックIOLで再手術が発生するリスクは少ないといわれています。

なぜフェイキックIOLは再手術の負担が少ない?


もし何かしらのトラブルで再手術が必要になっても、フェイキックIOLの場合は、小さな切開創からレンズを取り出すという比較的簡単な方法で行うことが可能です。通常のレーシック手術だと、手術のたびに角膜を削る必要がありますので、何度も安易に再手術を行えるわけではありません。

もともと角膜の薄い人は、再手術が不可能と判断される可能性もあります。しかし、フェイキックIOLは角膜を削る必要がなく、眼内に人工レンズを挿入するという術式になります。そのため、角膜の厚みには関係なく再手術を検討することができるのです。

とはいえ、何度もレンズの交換をすることは、目への負担はゼロではありません。再手術を行うか否かは、ドクターとしっかりと相談した上で検討するようにしましょう。また、再手術が有料か無料かは、保証内容や再手術をする理由等で異なってきますので、費用面もきちんと確認しておきましょう。