フェイキックIOL(ICL)を受けた後で水泳はできる?

フェイキックIOL(ICLとも言います)の手術を受けた直後は、水泳など体を大きく動かすスポーツは一定期間は禁止されています。ただし、手術から1ヵ月ほど経過していれば水泳をすることは可能です。

中には「水泳の際に飛び込みなどをすると、その衝撃でフェイキックIOL手術で挿入したレンズがずれてしまうのでは?」と心配する人もいるようですが、その心配はありません。水泳の際の飛び込み程度の衝撃では、フェイキックIOLで挿入したレンズがずれてしまうことはありません。

フェイキックIOL手術後のスポーツについて


フェイキック IOLの手術後は、しばらくの間体を大きく動かすスポーツを避ける必要があります。ただし、スポーツの種類によって禁止されている期間が異なります。例えば、ゴルフやジョギング、エアロビクスやヨガなど、そこまで体を激しく動かさないスポーツに関してはフェイキックIOLの手術後約1週間程度でスタートすることが可能です。温泉やサウナなどで汗を流すのもOKです。

しかし、直接眼に衝撃が加わる恐れがある激しいスポーツは、手術後約1ヶ月後から可能です。激しいスポーツとは、野球やサッカーなどの球技、スキーやスノーボード、そして水泳もこれに含まれます。

自己判断ではなく、クリニックの指示に従うこと!


この禁止期間については各クリニックによって判断が異なる場合もありますし、それぞれの患者の術後の経過によっても前後しますので、自己判断で勝手にスポーツを始めずに、きちんとドクターの指示を仰ぐようにしましょう。手術後のスポーツにある程度の規制が発生するのは、フェイキックIOLに限らず、通常のレーシック手術でも同様です。

一定期間が経過すれば水泳の飛び込みも心配なし


フェイキックIOLの手術は、角膜を切開してその切開部分から人工のレンズを挿入して固定するという術式です。フェイキックIOLの手術直後に目に怪我をしてしまうほどの大きな衝撃が加わった場合、手術で縫合した部分や挿入したレンズがずれてしまう危険性もあります。しかし、一定期間が経過すれば、スポーツで加わる程度の衝撃ならば心配は要りません。

水泳の際に水に飛び込んでも、この程度の振動ではレンズはずれません。ちなみに、フェイキックIOLにはレンズの挿入箇所や使用するレンズの違いなどで「前房型」と「後房型」の2タイプの種類が存在します。手術後のレンズのズレ具合に関しては、「前房型」と「後房型」のどちらかの方がよりズレにくい、というような違いはないようです。