フェイキックIOL(ICL)は大学病院でも受けられる?

フェイキックIOL(ICLとも言います)は大学病院の屈折矯正外来等でも受けることが可能です。各大学病院ともに、最近は症例数も多くなってきました。ですが、もともと新しいタイプの手術であるフェイキックIOLは、大手クリニックやレーシック専門医院の方が症例数はずっと豊富です。手術費用も、レーシック専門医院の方が安いのでお勧めです。

大学病院は専門クリニックよりも料金が高め


大学病院でもフェイキックIOLの手術を受けることは可能です。しかし、大学病院はレーシック専門医院よりも料金が高めなのがネックです。片眼の手術のみで、50万円近くかかる病院がもあります。その価格内には、検査前の初診料や検査代、アフターケアが含まれていないこともあるため、レーシック専門医院と比べるとトータル金額が倍近くになることもあるようです。

フェイキックIOLの手術症例数はレーシック専門医院が上


金額が高いからといって、大学病院の方が症例数が多かったり、医師の腕がいいとは一概には言えません。日本で行われているフェイキックIOLの手術はレーシック専門医院での手術数が圧倒的に多いのが現状です。事前のカウンセリング、アフターケアもレーシック専門医院の方が充実しているため、安心して手術を受けることができます。

また、レーシック専門医院では常に新しい技術を国内外から取り入れ、研修なども積極的に行っているため、医師の技術力も高くなっています。レーシック専門医院には、かなりの症例数を誇る有名ドクターが在籍していることもあります。

大学病院では医師の指名などはできませんが、専門クリニックならスケジュールが合えば、経験豊富なドクターを指名して手術をすることも可能ですので、さらに安心度が増します。

大学病院と専門クリニックの違いとは?


大学病院は多くの患者さんに向けて開かれた総合の病院であり、様々な専門の科に分かれて保険診療・保険外診療を行っています。そのため、ひとつの手術のみに精通するのはどうしても難しくなります。

それに比べ、フェイキックIOLやレーシック手術を行う専門クリニックは、医師や看護士・スタッフもそれぞれ集中的に技術を習得したり学んだりしている、いわばフェイキックIOL手術のプロ集団と言ってもよいでしょう。

事前のカウンセリングからアフターケアまでも手厚く、しかも大学病院より安価で手術を受けることが可能なのです。レーシック専門医院の方が使用する機器も充実している可能性が高いため、自分の目の性質に最適な術式を選ぶこともできるでしょう。